サービス一覧

現役の人気ガイドが担当!誰でもすぐに実践できる!外国人に伝わるガイドのコツを伝授します。


2018年の改正通訳案内士法施行により、通訳ガイドの多様化が進んできました。
すでに地域のスペシャリストとして活躍しているガイドの皆様には、さらなるスキルアップが求められております。

外国人顧客にとっては、名称や資格はほとんど意味がありません。

ボランティアガイド、インバウンドガイド、地域限定ガイドも皆、外国人にとっては「ツアーガイド」という位置付けです。そして、担当したガイドから受ける印象が、訪れた地域の満足度に直結します。

外国人から良い口コミを得るためには、ガイドを育てていくことも大切になってきます。
さまざまなお客様の対応を経験してきた、ベテランで現役の全国通訳案内士が、わかりやすく講習いたします。


インバウンドの教習所で現場のプロフェッショナルから実践を学ぶ!

Q : 地域通訳ガイド制度を導入しています。ガイドとして活躍していただく地域住民の皆様に向けた研修をしていただきたい。(自治体関係者からのご相談)

A : ガイドとしておさえておくべきポイントをわかりやすくお話します。まずはガイドとしての心構えや基本スタンスについて話を始めます。どんなに地域の歴史や地理に詳しい方でも、この肝心な部分がおさえられていないために、外国人からクレームが届いたりするケースもよく聞かされます。一般的なインバウンド研修では取り上げられにくい、現場目線、外国人目線に特化した内容となっております。クレームを回避するためにも、現場を知り尽くした現役ガイドから基本を学んでおくことをおすすめします。

座学研修から実地研修までお気軽にご相談ください。ガイディングするうえでの重要なポイントなど、実践的なアドバイスを先輩ガイドがやさしく楽しく指導します。

Q : 地域限定ガイドの研修を受けましたが、実際のところ、お客様と会ってからどのような流れで対応すればいいかわかりません。(地域限定ガイド様からのご相談)

A : その気持ち、よくわかります。先輩ガイドの研修を受講すれば大丈夫ですよ。具体的にどういった業務が必要になるのか、人気ガイドが具体的にわかりやすく丁寧にお話します。生きた研修で現役ガイドの声を聞くことができるので、参加された皆様からご好評をいただいております。
お客様の声はこちらからどうぞ。https://inboundfactory.jp/customer-voice/entry-90.html

たとえば、自動車の運転免許を取得する時には、座学で交通ルールを勉強、運転技術の路上研修がありました。

インバウンドにおいても、情報をただインプットするだけではなく、車の路上研修にあたる、実際の現場ですぐに使えるテクニックやコツを学ぶ研修が、何よりも重要です。言わば「インバウンドの教習所」が必要だと感じております。

インバウンドファクトリーはその教習所の役割を担うことを目指しています。

現場で外国人と向き合う地域の皆さまの立場を誰よりも理解していて、
外国人の生の声を、いっぱい聞いてきた先輩ガイドのお話しを一度聞いてみませんか?

現役ガイドのやさしい先輩がわかりやすくお話ししますよ。