実績

東京で開催されるあの世界的なイベントで外国人観光客を取り込むために!


外国人観光客を受け入れるときによくある恐怖

  • 言葉が話せないから外国人観光客が怖い
  • 外国人が何を考えているのかわからない
  • 外国人がどうしたら喜んでくれるのかわからない
  • 理由はわからないけど、とにかく怖い
  • 文化や背景の違いから知らずに失礼なことをしてしまいそうで怖い
  • 売りたいけど売り方がわからない
  • 万引きされたりしないかが怖い
  • 激しい値引き要求されるのではないか
  • 有料というと怒られそうで怖くてお金もらえない
  • どの程度の距離感で接すればいいかわからない
  • 誰に相談していいかわからない

こんな気持ちになったことありませんか? 日本全国で同じ悩みを抱えている方をいっぱい見てきました。 心配しないでください。私がフォローしているお客様も、最初は不安でいっぱいでした。 でも、全く怖がる必要はありませんよ。 その不安を解決するべく、今回の外国人おもてなし術を独自で開発しました。 少しでも多くの人に習得してもらうため、インバウンド対応で困っている皆さんの味方になりたい!この想いだけで、セミナーやサポートに走り回っております。 外国人おもてなし術を習得したあなたは、どうなるでしょうか?

外国人おもてなし術を実践すると

  • 有料のサービスですと堂々と言える
  • 外国人がどうして苦手だったのか忘れてしまう
  • 外国人が来るのが怖いどころかむしろ心待ちにしている
  • 積極的に外国人に接客してしまう自分との出会い
  • 日本人よりも外国人客を待ってしまう
  • 自分が外国人になった気分になる
  • インバウンドとは難しいことではないと実感できる
  • 自分に無縁と思っていたインバウンド対応ができてしまう
  • 外国人との接客が楽しくなりワクワクしている

いかがでしょうか? これはほんの一例です。 こんな未来が待っているなら、職場が幸せで楽しい現場になりますよね。 その一方で、今も日本のどこかで、外国人のおもてなしの現場で様々な問題が起こっています。


外国人と日本人のすれ違いを見てきました

ここは、とある温泉の駅前アーケード。 外国人観光客が老舗の和菓子屋さんの前で立ち止まり、店内をのぞきこんでいます。 お友達と何かぶつぶつと会話しています。 しばらくして、おそるおそる中に入ってきました。 店「いらっしゃいませ」 外国人「Hi! How are you? 」 店「ウェルカム、シットダウン」 外国人「..............」 外国人は帰って行きましたとさ。おしまい、おしまい。。。 わかりやすい例をあげてみました。 この事例については、セミナーで一緒に話し合いたいと思っています。 他にもいろんなすれ違いがありますよね。

  • 外国人が何を求めているのかわからない
  • 英語を勉強しているのになぜか伝わらない
  • サービス内容が説明できない
  • 有料ですと外国人に言えないからお金取れない
  • 何を言ってもわかってくれない
  • 外国人がなぜルールを守ってくれないのか不思議
  • ”違います”と言おうとして”ノー”と言ったら出て行った
  • 注意書きが多すぎて何から伝えればいいのかわからない

さて、どうやって解決しましょうか。 英語講師はきっと、英語をみっちり勉強すべしとアドバイスするはずですね。 私は、それとは少し違うアドバイスをしたいです。


ちょっとしたポイントを押さえるだけで反応が劇的に変化

今までずっと日本人相手に商売してきたあなたのお店は、外国人にはどう見えているのでしょうか? 今までのやり方で、なんの問題も無く外国人顧客が増えてきそうですか? 知らないうちに、外国人をドン引きさせたりしてませんか? あなたのお店に興味を示してくれて、勇気を出してお店に入ってきた外国人をハッピーにするには、今までと全く同じ方法でいいのでしょうか? ほんの少しのポイントをおさえるだけです。 外国人の反応は劇的に変わってきます。 勘の鋭い方ならば、すでにお気づきかもしれませんね。 英語だけが理由ではないのです。

英語が下手でも問題ありません

あらためて、あなたに質問です。 英語が完璧に話せる人ならば、すべての問題は解決できるでしょうか? 金箔で有名な北陸のとある土産店には、英語が流暢に話せる店員さんは見当たらないですが、外国人がひっきりなしに入ってきては、お店の方の説明を熱心に聞いています。 なぜでしょう? その謎についても、セミナーで解説させていただきます。 中学英語が少しあれば、ほんの少しの決まり文句が言えてしまいます。 これに、秘伝のメソッドでなんとかなります。 早く楽しくコミュニケーションしたい方は、1日10分だけ練習してください。 外国人とのコミュニケーションを上達しようと努力した結果、日本人客もなぜか増えてきた不思議な事例もあります。嬉しいですよね。

外国人とコミュニケーションをとって日本の良さを伝えよう!


本当に英語をみっちりやらなくても大丈夫なのでしょうか?とよく聞かれます。 もし、むずかしい歴史や日本の伝統文化を語りたいなら、話は別です。 例えばあなたの思いが、

  • お店のイチオシを外国人に紹介したい
  • 職人のこだわりを外国人に伝えたい
  • 誰にも真似できない技術を外国人に知ってもらいたい
  • 丁寧な施術で外国人の心を癒したい
  • まごころを外国人にお伝えしたい

このような場合は、おもてなしメソッドとほんの少しの英語で十分です。 派手にお店を変える必要はありません。ご近所に大々的に宣伝すること無しに、安心してインバウンド対応に取り組めます。 外国人から、御礼のメールや絵葉書が届く日はそう遠くはないのかもしれませんね。

外国人おもてなし術のアドバイスを受けた方々の声


株式会社みちのく屋 廣瀬容平様

TPOに合った対応ができるようになりました!!

商店街で飲食店を経営していて、場所柄、外国人のお客様が沢山訪れるのですが、言葉が通じなくて接客にあたり非常に困っていたところ、外国人おもてなし術に出会いました。 日本人には気づかない食事マナーやトイレ作法など日本と海外の文化の違いを教わったおかげで、外国人のお客様への接客方法を知れただけではなく、私たちスタッフ自身への改善点も気が付けたことが良かったです。 ゲストとの朝食の場面、観光地での案内や歴史的な背景の話をする場面、ゲストが誰か他の方を接待する場面など、今では全ての場面において臨機応変にTPOに合った対応ができるようになりました。 ただ英語が話せるだけでは無く、お客様に寄り添って、人としてお互いに理解し合える関係性を築いていけることが楽しみです。


日下部民藝館 日下部様

外国人観光客を和ませるウィットにとんだ会話術!

弊社が隣接する施設(蔵)を外国人向けの宿泊施設にと考えた折りに、アドバイスを頂きました。 的確な説明とウィットにとんだ会話で外国人観光客を和ませる接客方法、柔らかい物腰と機転の利く対応力。 決してうわべだけじゃない、外国の観光客が安心して信頼していただけるために、私たちができる“おもてなしの幅”が広がったと思っています。


「外国人おもてなし術セミナー」にご参加いただいた皆様の声


・カジカジKITCHEN 梶原麻衣様

訪日外国人が、どういう状況であるかを具体的に知る事が出来た。 実際の状況を多く聞けて良かったです。

・サロンドエルフ 小池恭子様

外国人と接客するときの話や、おもてなし術の極意など学びました。 わかりやすいお話の仕方がとても良かったです。 つい自身のクセが出て、不安があった事や悩みが解消しました!

・(有)三和印房 三和様

今日は参加して良かった。いろいろ説明を聞いて、次回の参考にしたい。 勉強してみたいです。

・生友夏代様

外国人の方と話すときは、ふだんの自分を捨てることにしています。 おもてなしの極意とは何か、おもてなし術で教わったことを肝に銘じて、また 現場に臨みたいと思います。ありがとうございました。

・きたの結納店 北野升雄様

日本人が持っている意識、外国人とのズレを認識できました。 おもてなし術の極意を頭にインプット!照れずに!

・(株)しもむら 花そば・料理 ゆう 下村裕司様

外国人の目線で見た話、が最も印象的でした! 楽しくやっていけばいいんだ…と安心できました。もっと楽しく話したい!

・カキウチ人形店 垣内睦彦様

  • 考えてもいなかった外国人の方の目線が大変参考になりました。
  • 外国人の方への接客も不安だらけでしたが、明日から役立てます。
  • 接客を楽しく続けていくポイントや方法がわかりました。
  • 分かり易く、くり返し話してくださった。
  • 簡単にできそう。すぐに使えそうです。

外国人だからと接客を身構えていました。 気にせずに、まずは教わったことを実践することが大切だと思いました。 笑顔で、まずは日本語で外国人に話しかけようと思います。

セミナー参加していただいた皆様の感想は、お客様の声にも掲載しております。